【教育ICT】ITの進化がもたらす教育市場の破壊的イノベーション

先生

最近、ICT教育で授業や学習が変わってきてる…

教育現場にITが導入され、破壊的イノベーションが起きています。

それを少し前から予言していた人がいます。

 

ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授です。

彼は、2008年の著書『教育×破壊的イノベーション』の中で、ITの進化によって教育市場の破壊的イノベーションが起きると予言しました。

 

現在、日本の教育市場では進化したITの導入によって破壊的イノベーションが起きています。

クリステンセンの予言が的中しています。

この本に感銘した阿部

ちょっと難しい用語が出てきますが、お付き合いを。

 

破壊的イノベーションとは?

クリステンセンによると、破壊的イノベーションとは「既存の企業や現在の顧客が必要としていないイノベーション」です。

既存のリーダー企業が失敗をするのは、意思決定を誤るからではありません。

リーダー企業は、現在の顧客の声に耳を傾け、現在の顧客が望む製品やサービスを提供することに注力するため、失敗してしまうのです。

 

破壊的イノベーションによる製品やサービスは、すでにマジョリティー層にいるユーザーではなく、少数のイノベーターユーザーに評価されることで市場に参入することができます。

IT好きの阿部

FacebookやYoutubeなどの革新的なサービスも、リリース当初はほんの一部のユーザーが好むマニアックなサービスだったのです。

 

破壊的イノベーションによるリーダー企業の交代の流れ

 

1. 既存の大企業は、既存の中心ニーズのユーザーの要求に応え、収益性の高い持続的イノベーションを追求する。

 

2. 低性能だった破壊的イノベーションによる製品は、当初こそローエンドな市場ニーズにしか応えられなかったが、少しずつ改良され、既存市場の中心ニーズも満たすようになっていく。

 

3. 持続的イノベーションによる製品性能が過剰性能(過剰解決)になってしまい、一方では破壊的イノベーションの製品でハイエンドの消費者が満足できるようになると、一気にリーダー企業の交代が起きる。

f:id:rabe0703:20181212164150p:plain

IT好きの阿部

少数ニーズしか捉えられなかったサービスも、性能の向上や価格安定によってマクロなニーズも捉えられるようになり、市場を席巻していたサービスを逆転していきます。これが破壊的イノベーションです。

 

2種類の破壊的イノベーション

 

クリステンセンによると、破壊的イノベーションには2種類あるという。

 

一つは、既存市場の「低価格・低機能」の市場から出発するローエンド型破壊。先ほどのリーダー企業の交代はこのローエンド型破壊によって起こる。

 

もう一つは、消費者がいない市場から出発する新市場型破壊

技術革新によって新しい価値を生み出し、今までにない市場を作り出すことによって起こる。

IT好きの阿部

例えば、カメラ市場においてフィルムカメラが主流だった時代に、デジタルカメラの台頭によって市場の塗り替えがなされたのは新市場型破壊です。

 

教育業界における破壊的イノベーション

 

現在、教育業界にもITの進化によって破壊的イノベーションが起きています。

教育における持続的イノベーションとは、従来型の「一斉授業」方式を用いるイノベーションです。

 

一斉授業の形態は崩さずに、新たなITツールを従来の形態を補完するツールとして導入されます。

今までの文化、形式、教師を少しだけエンパワーする改革です。現在でも大手のリーダー企業がこのような持続的イノベーションを進めています。

元教員の阿部

一斉授業の形式は100年以上続いていましたが、テクノロジーの導入によってそれが少し変わってきています。背景は以下の記事をご参考に。

今の時代に一斉授業は適している?テクノロジー利用で実現する「生徒主体」の学習

一方、教育における破壊的イノベーションというのは、学びの個別化を実現することです。

動画コンテンツやAI教材を用いて、個々に学習を実現するアダプティブラーニングがこれに当たります。

 

そこでは従来の一斉授業は行われません。

ITを用いた学びの個別化は、最初のうちこそ既存の教育ニーズを満たさないものでした。

 

例えば動画コンテンツも自由な時間・場所での閲覧に制約がありました。

一般家庭が手を付けられないほど高価でした。

しかし、それは次第に解消されていきました。

また、動画コンテンツはいわゆる「見て終わり」で学習内容が確実に定着しない課題がありましたが、それを補完するような「学習メンター」「学習管理」のようなITサービスも出現しています。

 

そして徐々に市場の中心ニーズを満たすようになると、リーダー企業の交代(ローエンド型破壊)が起こるようになりました。

 

教育の中心である「公教育」の外側で起きる

 

このイノベーションは学校よりも塾の業界で顕著に起こっています。

集団指導が主流でありましたが、やがて個別指導・自立学習の形態が台頭しています。

授業はあまり行わず(もしくは全くやらない)、生徒がITを用いて学習します。

 

生徒のレベルにあった動画コンテンツで学習することができます。

「一斉授業」を一切行わないからこそ実現できたイノベーションです。

 

現在では「学びの個別化」に市場トレンドが大きくシフトしています。

このようなイノベーションは、教育の中心である学校の外側で起こります。

塾であったり、教員不足の顕著な農村部の学校、通信制の学校、就学前教育などのかつては「無消費」だった市場で起こります。

 

教育における破壊的イノベーションは、教育の中心である学校からは起こりにくいです。

カリキュラムや制度を0から作り出すのではなく、上乗せする形で改革がなされています。

日本のカリキュラムは教科の縛りが強いことが特徴です。

これが制度レベルのマクロなジレンマです。

故に抜本的に、根本的に改革することは困難です。

 

また、ITによっての破壊的イノベーションは、教員の仕事をいくつかリプレイスします。

教える業務も動画コンテンツやAI教材がリプレイスします。

 

 

しかし、教員は教えたくて教員になった人が多いです。

生徒に直に教えたいんです。

これが現場レベルのミクロなジレンマです。

 

教育業界における破壊的イノベーションは、

  • 完全に「学びの個別化」へのシフト
  • 無消費な領域へのIT利用

によって今後も加速していきます。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です